歯科技工士とは

歯科技工士は歯科医師に依頼されて歯に詰めるものやかぶせる物を作ったり 入れ歯や矯正装置なども作る人。
とっても熟練した技術と知識が必要なので一人前になるのは大変なのです。

患者さんと直接話す機会はあまり有りませんが患者さんの口の中に装着するも
のはほとんどが私たちの仕事です。ですから歯医者さんが良い治療をする為に
は腕の良い歯科技工士が必要ですし、逆に言えば歯医者の腕が良くても歯科
技工士の腕がよくないと100点の治療が出来無いということもありえます。

普段は歯科技工所といって歯科医院とは別の場所で働いてたり、
または歯科医院内でも患者さんからは見えない場所で働いてます
見かけたらラッキーだと思ってください

歯科衛生士と歯科技工士の違いがわからないかたが多いですが 歯科技工士は患者さんの口の中を触れることは出来ません
歯石を取ったり、歯磨き指導するのは歯科衛生士または歯科医師です

柱の影から見守っているスタッフがいたら、それが歯科技工士です

技工士になるためには・・
歯科技工士は厚生労働大臣認定の国家資格
歯科技工士になるには、歯科技工法によって施工される歯科技工士国家試験に合格しなければなりません
受験資格取得は、歯科技工士養成所指定規則並びに学校教育法に基づいた学校を卒業しなければならない
ようは学校行って国家試験受けないともらえない資格です
学校に通わなければならない期間は
昼間:2年間
夜間:3年間
国立大学では4年制の学校もできてます

歯科技工士の仕事場


  • 歯科技工所で働く
  • 歯科医院内で働く歯科技工士;歯科技工作業ができる設備を常設してある歯科医院内で働く
  • 歯科助手で就職して手が空いた時に歯科技工士として働くということもある




特殊な技工ではエピテーゼもあります


吠えろ歯科技工士